Press Release

ボルボ・カーズ、6月の世界販売台数は33%増加  日本でも電動化が加速、BEVとPHEVが約3割を占める

企業情報

ボルボ・カーズは、6月の世界販売台数が前年同月比33%増の66,379台になったと発表しました。全体的な販売台数の伸びは、電気自動車が牽引したもので、前年同月比で4倍増となっています。加えて、2022年6月の販売台数が昨年のサプライチェーンの制約による生産台数の減少の影響を受けていたためです。

ボルボ・カーズの上半期の販売台数は341,691台に達し、前年同期比17%増となりました。

ボルボ・カーズの電気自動車またはプラグイン・ハイブリッド・パワートレインを搭載した外部充電可能なラインアップであるリチャージモデルは、6月は129%増加し、同月に世界で販売されたボルボ車全体の37%を占めました。電気自動車のシェアは14%となりました。

日本での販売台数(登録台数)は、昨年6月より2%増の1,658台となりました。そのうち、電気自動車は278台で約17%。プラグイン・ハイブリッド車は181台で約11%となり、リチャージモデルの販売台数は459台となりました。販売台数全体に占めるリチャージモデルのシェアは、当月28%に達しました。また、2023年1月~6月における販売台数では、電気自動車は859台で前年同期比243%、リチャージモデル全体は2,059台となり、前年同期比で20%増加しています。

欧州での販売台数は、前年比70%増の27,196台となり、リチャージモデルのシェアは、同地域の販売台数全体の58%に達しています。上半期の販売台数は、前年同期比23%増の146,943台となりました。

米国での6月の販売台数は、12,933台で前年比53%増となりました。ボルボ・カーズのリチャージモデルの販売台数は79%増加し、販売台数全体に占める割合は29%に達しました。2023年上半期の米国での販売台数は、18%増の59,750台となっています。

中国での販売台数は15,405台で、前年同月に比べ7%減少しました。中国での販売台数に占めるリチャージモデルの割合は8%となりました。

6月の販売台数は、ボルボXC60が21,053台(2022年:18,275台)に達しトップ、次いでXC40が18,170台(2022年:10,194台)、XC90が9,895台(2022年:9,949台)となりました。

-------------------------------

2022年のボルボ・カーズ
2022年通年で、ボルボ・カー・グループは223億SEKの営業利益を計上しました。2022年の売上高は3,301億SEK、世界販売台数は615,121台に達しました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは1927年に設立された高級自動車ブランドの一つであり、100カ国以上のお客様に販売されています。ボルボ・カーズはナスダック・ストックホルム証券取引所に上場しており、「VOLCAR B」のティッカーで取引されています。

ボルボ・カーズは、お客様にパーソナルで持続可能かつ安全な方法で、「Freedom to Move(移動する自由)」を提供することを目指しています。これは、2030年までに完全な電気自動車メーカーになるという目標と、2040年までにクライメート・ニュートラルな企業になるという目標のもと、二酸化炭素排出量を継続的に削減するというコミットメントに反映されています。

2022年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約43,200人です。ボルボ・カーズの本社、製品開発、マーケティング、管理部門は、主にスウェーデンのイェーテボリにあります。生産工場は、イェーテボリ、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ(米国)、成都、大慶、台州(中国)に所在しています。また、イェーテボリ、カマリオ(米国)、上海(中国)に研究開発及びデザインセンターがあります。

本プレスリリースは、7月5日スウェーデン本社発の翻訳版に、日本の販売台数を加えたものです

Related Images

ボルボ・カーズ、6月の世界販売台数は33%増加  日本でも電動化が加速、BEVとPHEVが約3割を占める

2023.07.06 ID:

ボルボ・カーズ、6月の世界販売台数は33%増加  日本でも電動化が加速、BEVとPHEVが約3割を占める

2023.07.06 ID:

Related Videos